スタッフブログ「アスカのこころ」

スタッフブログ「アスカのこころ」― アスカグループ・スタッフによるブログ。ご葬儀に関すること、サービスのこと、日々の業務の中で感じたことなど、発信してまいります。

ゴミステーション7月から設置開始!!

館山に住む私(筆者)が、本気でゴミ拾いを始めたのが今から3年前。

まるごみJAPANの「DJ KOUSAKUさん」と知り合ってからです。

それ以前にも、幾度か海岸清掃(ビーチクリーン)の取材やイベントにも参加しましたが、

本当の意味で、ゴミを拾う事の大切さを知ったのは、まるごみ活動に参加し、まるごみメンバー

や参加者の方々との関係を持ってからだと思います。

 

以前、犯罪の絶えないアメリカのある町の住民が、町中に書き散らかされた落書きを消す運動

を始めた事を知りました。

消しても消しても、落書きは続いたのだそうですが、それでもその町の住民たちは、黙々と

落書きを消し続けました。

月日は経ち、その町の住民達の運動は少しずつ人々の間に浸透し、遂には落書きが無くなり

ました。

そして、落書きが激減するのと同時に、犯罪の発生件数が減少し始め、町の治安は格段に良

くなったそうです。

 

ゴミ拾いは、街を綺麗にする大人の取組み姿勢を、次の世代の子供達に引き継ぎ、地域を

愛する人づくりを目指しての活動です。

 

アスカでは、まるごみJAPANのそうした主旨に賛同し、本年7月から、館山市内にまるごみJAPAN特製の「ゴミステーション」を寄付させて頂きました。

ゴミステーション第1号
ゴミステーション第1号

このゴミステーション、フレームは頑丈な金属製で折りたたみ式。

ゴミの収集日には、ロックを外して中にゴミを入れます。

上部の網と3方のネットで、カラス除け効果は絶大!!

ゴミ収集作業の方の負担軽減も考えて作られているスグレモノ

です。

第1期の取組みとして、市内に10箇所順次設置する予定です。

ゴミステーション第2号
ゴミステーション第2号
__ 3
ゴミステーション第3号
__ 4
ゴミステーション第4号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白浜海女まつり&まるグル14 in 南房総白浜の舞台裏・・・その1

7月19日から3日間に渡って、南房総市白浜町野島崎灯台前広場で開催された、南房総白浜海女まつり&まるグル14in南房総白浜に参加しました。

アスカ白浜「夏の陣」
アスカ白浜「夏の陣」

 

苦戦を続ける地元の観光産業に、何か貢献出来ることは    無いかとの思いからスタートしたこの取組みは、昨年10月頃より、地元の歴史を学ぶ事から始まりました。

 

南房房総と言えば、館山市にある館山城を舞台とした、南総里見八犬伝に登場する「里見氏」が有名です。しかし、いろいろ調べてみますと、里見氏が安房の地に上陸する前には、丸氏・安西氏・東條氏・神余(金丸)氏などの有力な地元豪族が統治していた地域で、西暦1180年(治承4年)には、平家との戦に破れた、あの「源頼朝」が鋸南町に海路上陸し、陸路南房総白浜町を通って地元豪族らを従え、平家を圧する大兵力を得て、再び富士川(現静岡県)の合戦に挑んだそうです。

 

南房総に頼朝伝説があったなんて、これは大きな歴史観光資産です。

しかも、社内にはこの豪族と同じ姓を受け継ぐ社員が多数・・!!

身近に、源平の時代を生き抜いた武将達の末裔が社内に!?

因みに、弊社の社長も「丸」の姓!!

なんと、朝夷(あさい)の豪族 「丸 五郎信俊」 の子孫である事が、地元に残る古い資料から判明したのです。

 

これは、史実に基いた戦国イベントで地元を盛り上げるしかない!!

 

と言う事で、いよいよ弊社企画部の出番となりました。(その2に続く・・)

2 / 212