スタッフブログ「アスカのこころ」

スタッフブログ「アスカのこころ」― アスカグループ・スタッフによるブログ。ご葬儀に関すること、サービスのこと、日々の業務の中で感じたことなど、発信してまいります。

心の原動力(負けんなプロジェクト)

イザっ!! 3000食完売をめざして!!

前回、石巻市牡鹿町でのワカメ漁をご紹介しました。

収穫されたトミジさんの金華山ワカメ。DJ KOUSAKUさんをはじめ、AーTRUCKの守屋さんが千葉まで運び、翌日には千葉県内にあるスーパーせんどうさんのご協力で、3000食分が販売されました。

右の写真は、幕張にあるbayfmのスタジオでのカットです。

早朝6時にスタジオに集合した「負けんなプロジェクト」のメンバーは、番組終了と共に大漁旗で作ったハッピを着て、トミジさんと共にワカメの販売に向かいました。

この写真を撮影しながらフト思いました。この人達を動かしている原動力は、それぞれが持っている「夢の実現」。未来にしっかりと夢を持っている人たち。だから、あんなに頑張れるんだと思います。

そして着実に夢を明確にし、しかも実現している。日の出ずる国日本!! 久しぶりに、未来が明るく見えました。

金華山ワカメ

先月、宮城県石巻市牡鹿町鮎川浜で、ワカメ収穫のお手伝いをしてきました。三陸沖のワカメは「金華山ワカメ」として有名です。

昨年11月中旬、社長以下数名でワカメの種付けをお手伝いした当時1センチ余りの種ワカメが、既に4メートルにも成長していました!!

早朝、寒風厳しい三陸の海へ、ワカメ漁用の船に乗り込み、養殖場へ向かいます。4メートルにも成長したワカメを船上に引き上げるのは、かなりの重労働です。「腰が痛い・・・」。船長のサイトウ トミジさんは、船に乗ったトタンに元気一杯!! さすがプロの漁師さんです。

アスカ社員も地元の方々に混じって作業従事。「オッ まるで本職だなぁ!!」と、漁師さんから熱いラブコールを頂戴しました。

今年から、やっとワカメ漁を再開する方が増え、人手不足気味の鮎川浜に、少しづつ活気が戻りはじめました。

あれから2年(アスカ全社員・黙祷)

東日本大震災から2年が経過しました。あの日から2年・・。

「2011年3月11日14時46分18秒」

私達日本人にとって、忘れられない、忘れてはいけない日です。

昨年、若き店長からの提案で始まった、被災地に向けてのアスカ全社員による黙祷。今年も、全ての社員が、この震災で犠牲となられた人々を思い、黙祷を捧げました。