通夜

現状

通夜には遺族・親類縁者が集まって、故人の番をしながら静かに最後の夜を過ごします。最近では半通夜といって、夜6時頃より一時間ほどの式を行ないます。

自宅で行なう時は、受付の人をきめて弔問者の名前を記帳していただく用意をします。

また式が終わったあとには、弔問者一人一人に通夜粗供養品等をお渡しするために、あらかじめ人数を予測してその分を用意します。

通夜式

開始時間とともに僧侶が入場し、読経が始まります。席次は祭壇の右に喪主、遺族と関係の深い者から並びます。(式場によって異なることがあります。)

読経が始まり、喪主より順に焼香を行ないます。

一般焼香が終わりましたら、最後に喪主はお礼の挨拶を行ないます。そして通夜ぶるまいに入ります。

通夜ぶるまいとは

通夜式のあとにお礼と供養を兼ねて、弔問客に料理を施すことを指します。

最近では簡素化されて料理も寿司、サンドイッチなどを大皿に盛って、めいめいに取っていただく形式がふえています。

神式の通夜

神式では葬場祭(告別の儀)の前夜に行います。この儀のあと遷霊祭を行います。これは故人の霊を霊璽に移す儀式で、神官が祭詞を奏上したあと、斎主、喪主、家族の玉串奉奠が行われます。

キリスト式の通夜

「前夜式」とよび、棺の安置された部屋で牧師・神父の司会で行なわれます。

いわれ

通夜はもともと故人の蘇生を願うために、夜を徹して故人の生前の徳を讃え、みんなで飲んだり踊ったりして夜を徹してすごしました。死者を交えた饗宴は世界各地にその例が見られます。

アイヌでは死者のために団子や酒を供え、客を呼んで宴を張ります。通夜に共通することは夜眠らないということで、そのために酒などを飲んで陽気にさわぐというのがその理由です。

千葉葬儀社アスカより 「通夜」について。