献花

キリスト教式(献花の仕方)

キリスト教式による通夜や葬儀では、献花が行われます。このしきたりは、本来、キリスト教の儀礼にはないものでしたが、いわば仏式の焼香に代わるものとして、祭壇の前に1人1人が花をささげるという行為が生まれました。献花によく用いられる花はキクやカーネーションです。

献花台への供えかた

自分の番がきたら、花を一輪受け取ります。花が右、茎元が左にくるように渡されますから、両手で花を持ちます。そして献花台の前に進み、花が手前になるように持ち直し、献花台に供えます。そのまま1、2歩さがり深く一礼し、司式者(神父か牧師)、家族に一礼してもどります。

キリスト教の信者の人は、胸元で十字を切ったり、両手を組み合わせてお祈りをささげますが、一般の人にはその必要はありません。

献花台への供え方イラスト1(1)花を右にして受け取ります。


献花台への供え方イラスト2(2)90度右に回し花を手前にします。


献花台への供え方イラスト3(3)左の掌をかえして献花台の上に置き、一礼します。


千葉葬儀社アスカより基本知識「献花」について。