日蓮宗

日蓮宗は日蓮(立正大師・1222~1282)を開祖とし、主要経典は『法華経』です。

ご本尊は「法華経如来寿量品」で説かれている「久遠実成本師釈迦牟尼仏」です。 総本山は山梨の身延山久遠寺。日蓮宗の葬儀は『法華経』を信じ、「南無妙法蓮華経」の題目を受持する者は、必ず霊山浄土に行詣することができる」という日蓮聖人の教えをよりどころにしています。

式の特色

日蓮宗の葬儀は『法華経』を信じ、「南無妙法蓮華経」の題目を受持する者は、必ず霊山浄土に行詣することができる」という日蓮聖人の教えをよりどころにして営まれています。

枕経は勧請に始まって、読経、偈を唱え、回向をします。

納棺に先立っては「辞親偈」を唱えて剃髪、授戒します。

法号

日蓮聖人の「日号」を大切にします。 道号では、男子は「法」、女子は「妙」の文字を使います。 日蓮宗では院号よりも居士(大姉)の位号を重視しています。

例:○○□□信士(信女) ○○院法○日□居士

白木の位牌には上に「新寂」下位に「位」「霊位」と書くことがあります。