四十九日を過ぎて(母を失った友へ)

例文)

お母様がお亡くなりになられ、すでに四十九日もすまされたとのお便りをいただき、

突然の事ゆえびっくりいたしました。

何も知らずにいてお見舞いにもうかがいませず、本当に申しわけない気持ちでいっぱいでございます。

さぞかし、お力落としのことと存じます。

お手紙にはお母様はご家族に囲まれ、眠るようなご最期だったとうかがい、そのことだけが慰めに思っています。お遅ればせながら謹んでお悔やみを申し上げます。

あらためて思い返しますと、お母様には何度もお手料理をご馳走になったり、また話相手になっていただいたのに、そのご恩返しも出来ないままになってしまいました。

いまはただ、あの頃のお姿をしのびつつご冥福を祈らせていただきます。

○○様には、おつらいでしょうが、ご健康にお気をつけてお過ごし下さいませ。

お母様も、何よりそれを願っておられることと思います。