プロテスタントの聖書朗読

プロテスタントの葬儀は、教会正面教壇の前に柩が安置され、参列者が着席して前奏から始まります。

順序は(1)前奏、(2)聖書朗読、(3)讃美歌(一同で合唱)、(4)聖書朗読、(5)祈祷、(6)讃美歌等と続きます。聖書朗読に用います内容は、詩編90編、コリント第一の手紙15章 50~58 節、ヨハネ黙示録 21章1~8などが多く用いられています。

経典

前奏

聖書朗読(次の中から適当に用います)

1)わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる、後の日に彼は必ず地の上に立たれる。わたしの皮がこのように滅ぼされたのち、わたしは肉を離れて神を見るであろう。しかもわたしの味方として見るであろう。わたしの見る者はこれ以外のものではない。

わたしの心はこれを望んでこがれる。(ヨブ記19章 25~27 )

2)わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。

あなたはこれを信じるか」。(ヨハネ2章25.26 )

3)またわたしは、天からの声がこう言うのを聞いた。「書きしるせ、『今から後、主にあって死ぬ死人はさいわいである』」。御霊も言う、「しかり、彼らはその労苦を解かれて休み、そのわざは彼らについていく」。(黙示録 14章 13 )

讃美歌

聖書朗読(次の中から適当に用います)

主よ、あなたは世々われらのすみかでいらせられる。山がまだ生れず、あなたがまだ 地と世界とを造られなかったとき、とこしえからとこしえまで、あなたは神でいらせられる。あなたは人をちりに帰らせて言われます。

1)「人の子よ、帰れ」と。

あなたの目の前には千年も過ぎ去ればきのうのごとく、夜の間のひと時のようです。

あなたは人を大水のように流れ去らせられます。

彼らはひと夜の夢のごとく、あしたにもえ出る青草のようです。

あしたにもえでて、栄えるが、夕べには、しおれて枯れるのです。

われらはあなたの怒りによって消えうせ、あなたの憤りによって滅び去るのです。

あなたはわれらの不義をみ前におき、われらの隠れた罪をみ顔の光のなかにおかれました。われらのすベての日は、あなたの怒りによって過ぎ去り、われらの年の尽きるのは、 ひと息のようです。

われらのよわいは70年に過ぎません。あるいは健やかであっても八十年でしょう。

しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。だれがあなたの怒りの力を知るでしょうか。

だれがあなたをおそれる恐れにしたがって、あなたの憤りを知るでしょうか。

われらにおのが日を数えることを教えて、知恵の心を得させてください。

主よみ心を変えてください。いつまでお怒りになるのですか。あなたのしもべをあわれんでください。あしたに、あなたのいつくしみをもってわれらを飽き足らせ、

世を終るまで喜び楽しませてください。

あなたがわれらを苦しめられた多くの日と、われらが災にあった多くの年とに比べて、われらを楽しませてください。あなたのみわざを、あなたのしもべらに、あなたの栄光を、その子らにあらわしてください。

われらの神、主の恵みを、われらの上にくだし、われらの手のわざを、

われらの上に栄えさせてください。

われらの手のわざを栄えさせてください。(詩編90編 1~17 )

2)兄弟たちよ、わたしはこの事を言っておく、肉と血とは神の国を継ぐことができな いし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。

ここで、あなたがたに奥義を告げよう。

わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に一瞬にして変えられる。というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえ らせられ、わたしたちは変えられるのである。

なぜなら、この朽ちるものは必ず朽ちないものを着、この死ぬものは必ず死なないものを着ることになるからである。この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬものが死 なないものを着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。

「死は勝利にのまれてしまった。死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。

死よ、おまえのとげは、どこにあるのか」。

死のとげは罪である。罪の力は律法である。しかし感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜わったのである。

だから、愛する兄弟たちよ。堅く立って動かされず、

いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。

主にあっては、あなたがたの労苦がむだになることはないと、

あなたがたは知っているからである。(コリント前書15章 50~58 )