日蓮宗の引導文

日蓮宗では釈迦が法華経を説いた霊鷲山に故人を送ることを主旨としています。

葬儀に誦る経典として「法華経法便品」「法華経寿量品(自我偈)」などがありますが、ここでは引導文の最初の部分を取り上げています。

経典

意訳

仏・菩薩の降臨をお願い申し上げます。

輪円具足しいまだかってない大曼荼羅御本尊に帰依します。

久遠実成の大恩教主で、根本の師である釈迦牟尼仏に帰依します。

証明法華経多宝大善逝に帰依します。十方分身三世の諸仏に帰依します。

上行・無辺行・浄行・安立行等の大地より出現された六万無数の諸大薩・に帰依します。

文殊・普賢・弥勒・薬王薬上・勇施・妙音観音等迹化の教化を受けて他方から来遊された大権(仮に現われた)の薩・に帰依します。

舎利弗・目連・迦葉・阿難等の、途中から教えを聴きに来た諸修行者に帰依します。

殊に末法有縁の大導師である宗祖日蓮大菩薩(大聖人)に帰依します。

当宗派が開山して以来の歴代の諸上人、立場を異にされる閻魔法皇、五道の冥官冥衆等全ての方々に申し上げます。

まさに今この道場に棺を安置し、葬送の儀式を修する所の一霊魂があります。

このたびその俗名を改め、新たに法号を授与して○○と号します。

これは法華経を受持された行者であります。

お願い致したいのは、上より降臨なされた諸尊よ、哀れみのみ手を差し出されて、故人の霊を寂光の仏土へ、おさめとって導いて頂くことでございます。

(棺に向き直って)新帰寂(○○)、今(故人の)霊の為に仏祖の要文を読み上げますので、それによって釈迦が法華経を説いた霊鷲山に至る教訣といたします。

よくよく聴いて、これを正しく思い保って下さい。(以下略)