無量寿経

「無量寿経」は、浄土三部経の中でもっとも長く、浄土宗、浄土真宗の経典の一つです。このお経は、霊鷲山で釈尊が阿弥陀仏について説法するという内容です。

ある国王が出家して法蔵比丘となのり、阿弥陀仏となって西方に浄土をかまえ、一切の人々を安楽にしようという誓願を立てられました。この経典では法蔵比丘の誓願とその完成、及び極楽世界が描かれています。

経典

意訳

お釈迦さまが説かれた無量寿経の内、法蔵菩薩が4つの誓いをのべる歌。

わたし法蔵菩薩(阿弥佗仏の成仏以前の名)は、世の常を超えた48の誓願を建てました。

必ずこの誓願を達成して最高の悟りに到達します。

この誓願を達成出来なければ、決して自分だけが悟りを完成しないと誓います。

わたしは、永遠に時が続くかぎり、財と法を施す者となって、智意も財力も無い人々をもれなく救えないなら、決して自分だけが悟りを完成しないと誓います。

わたしが悟りの段階に到達して、わたしの名があらゆる地方の国々を超えて響きわたり、隅から隅まで聞かれるようにならなければ、決して自分だけが悟りを完成しないと誓います。

欲を離れ、皮相の観察を捨て、深く実理を考え、清らかな智意をみがき、清浄な生活を実践し、最高の悟りを願い求めて、もろもろの天人や人類の師となりましょう。

悟りによって得られる不思議な力によって仏の智慧の光を増し、果てしない国々を隅々まで照らし、むさぼりや怒りや愚かさ等の迷いを消し去って、広く多くの災難を救い、人々の智恵の眼を開いて、無知の闇を滅ぼし、地獄・餓鬼・畜生の世界に輪廻する道を閉ざして、善い世界への門に到るようにしましょう。

悟りを開いて仏の位に到達することが出来るなら、光の輝きは十方の国土を照らし、太腸や月でさえも二通りの輝きをおさめ、天空の光もかくれて見えなくなるでしょう。

人々のために仏教の蔵を開き、宝にたとえられるはたらきを広く施し、大衆の中で、獅子がその威力を示すように、高らかに仏教を説きましょう。