般若心経

大乘仏教でもっとも早く成立し、大乗仏教興隆の力となった経典です。

日本の仏教宗派の中で、浄土真宗と日蓮宗の諸派を除いて、すべての宗派で読誦されています。正しくは『摩訶般若波羅密多心経』といい、「真実の智恵の究極」という意味があります。本文わずか262文字の般若心経の内容は、「空」。つまり「観音様はこの世のすべてのものが『空』であると悟られ、一切の苦しみを克服された」と述べています。大いなる智恵の完成によって「空」を悟り、彼岸に至ることを教えています。

経典

意訳

観音菩薩が、智慧を完成するための行をされている時、

人間を構成する五つの要素がどれも実体がないと見極めて、すべての苦を取り除かれた。

舎利子よ、形あるものは実体がないし、実体がないから、形あるものとして存在するのである。形あるものは実体がないが、実体のないことが、そのまま形となっている。

他の心の働き(受、想、行、識)も、全く同じである。

舎利子よ、この世の法則には実体がないから、本来生じることも滅することもない。

汚れでも清らかでもなく、増えることも滅することもないのである。

だから、実体がないことの中には、形はなく、感覚も念想も意志も意識もないし、

眼・耳・鼻・舌・身体・心という感覚器官もない。

形・音・香・味・触覚・心の対象といった器官に対する対象もないし、

それを受けとめる眼識から意識までの分野もない。さらに悟りに対する無知もないし、

といって無知がなくなることもない。

そしてついには老と死もなく、老と死がなくなることもない。

苦しみもその原因も、それをなくすことも、なくす方法もない。

その結果、智を持つことも得ることもない。

得ることもないから、悟りを求める者は、智恵の極地に住する。

かくて、心に何のさまたげもなく、恐れもなく、誤った考え方から離れているので、

永遠に静かな境地に安住するのである。

智慧の極地に住する過去・現在・未来の仏たちは、この上ない悟りを得るのである。

したがって次のように知るのがよい。

智恵の極地こそが偉大な悟りのためのこの上なく、比較できない真言なのである。

これこそが、あらゆる苦を除く、真実そのものである。最後に智意の極地の真言をいおう。

往き往きて、完全に彼岸に到達した者こそ、悟りそのものである。