カトリックの御言葉(みことば)

カトリックの葬儀では葬儀ミサが行なわれますが、その順序は入祭の儀、みことばの 典礼と続きます。そのあと告別式に移りますが、ここでは「みことばの典礼」に用います詩編をとりあ げました。

経典

みことばの典礼

1)

谷川の水を求めて、あえぎ、さまよう鹿のように、神よ、わたしはあなたを慕う。

わたしの心はあなたを求め、神のいのちにあこがれる。

いつになったらみ前に至り、あなたを仰ぎ見られるのか。

思い起こせば心は高鳴る、喜び祝う人々とともに、感謝と賛美の声を合わせてわたしはみ前に進み出た。

あなたの光とまことを送ってわたしを導き、あなたのすまい、聖なる山に、わたしを招いてください。

わたしは神の祭壇に行き、わたしを喜ばれる神の前に進む。

わたしの心はなぜうち沈み、思いを乱して嘆くのか。

希望をもって神に賛美をささげよう、わたしの救い わたしの神に。

(詩編42より)

2)

神は恵み豊かにあわれみ深く、怒るにおそく、いつくしみ深い。

罪に従ってわたしたちをあしらわず、とがに従って罰せられることはない。

父が子どもをいつくしむように、神の愛は神をおそれる者の上にある。

神はわたしたちの姿を知り、ちりにすぎないことを心に留められる。

人の日びは草のよう 野の花のように咲く。

風が通り過ぎると消え去り、その場所を訪ねても、だれも知らない。

いつくしみは、神をおそれる者の上にとこしえに注がれる。

その正義は子孫に及び、契約を守り、さとしを心に留めて行なう者に及ぶ。

(詩編103より)

奉献文(死者がキリストを通して、父である神のもとに迎えられるように祈ります)

司祭: 主は皆さんとともに

一同: また司祭とともに

司祭: 心をこめて神を仰ぎ

一同: 賛美と感謝をささげましょう。

司祭: 聖なる父、全能、永遠の神、いつどこでも主・キリストによって…

神の威光をあがめ、権能を敬うすべての天使とともに、わたしたちもあなたの栄光を終りなくほめ歌います。

感謝の賛歌

一同: 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の神なる主。主の栄光は天地に満つ。

天のいと高きところにホザンナ。ほむべきかな、主の名によりて来る者。

天のいと高きところにホザンナ。(以下略)