抗ガン剤による脱毛対策

ガン患者に抗ガン剤や放射線などの療法を行なうことで、髪が脱けることがあります。
脱毛が病人にあたえるショックは、特に頭髪が一時に脱毛すると、
病人の精神にあたえる影響が大きく、悩みは深刻となりますので、その対応を考えてみましょう。

脱毛の起き方

化学療法の副作用によって脱毛が起きます。これはガン細胞を破壊する時に、健康な細胞も一緒に殺してしまうためです。
人によってはわずかな脱毛にとどまることもありますが、髪全体がなくなることもあります。脱毛は治療を開始して2~3週間後から現れることが多いのですが、ときには2、3日後で抜け始める場合があります。脱毛が始まると病人も家族もショックを感じますから、あらかじめ脱毛に対しての知識を知っておくことが大切です。

放射線療法による脱毛の起き方

放射線療法による脱毛は、化学療法の場合と少し異なり、照射を受けた部位だけが脱毛します。
放射線照射が頭部に行われている場合には、頭髪が抜けるでしょう。
乳ガンの場合に、わきの下を含む範囲の放射線照射を受ければ、わき毛だけが脱毛するでしょう。
放射線治療終了後には、髪はまたもとにもどります。いつ戻るのかの時期は個人差がありますが、大体半年から1年以内にはもとにもどるようです。

脱毛の説明を事前にしておく

化学療法を始めるときに、病人に「副作用があるので髪がたくさん抜けるが、化学療法が終われば再び髪が生えてくる」ことを話しておく必要があります。治療後1ヶ月から6週間以内に、はじめは柔らかい髪が生えてくること。
また3~6ヶ月後には、恥ずかしくない状態にもどることを説明しておきます。
しかし、再生した髪は、以前より少し細かったり、ちぢれていたり、髪の色も少し違う場合があります。

脱毛が起きたとき

脱毛による苦痛を少しでも和らげるために、以下の注意が考えられます。

  • 治療を開始する前に、短い髪にすると、抜けたときの処理が楽です。
  • ヘアネツト、ナイトキヤップを使用すると、髪がベッドに散らばるのを防げます。
  • かつらを買う場合には、髪を短くした方が、かつらをあわせやすい。
  • 髪があるときに買う場合には、小さめのサイズを選ぶようにします。
  • アクリル製のかつらは本物より安く、洗うのが簡単です。
  • かつらの代わりに、帽子やスカーフでカバーする人もいます。