お悔やみ状への礼状

身内の死に際して、お悔やみ状やご香典が寄せられました場合には、葬儀後に礼状を出します。

例文1)

拝啓 父○○儀永眠の際は、御懇切な御弔辞を賜り、且つ御丁重な御香料を辱うし、

まことに有難うございました。お陰様で、葬儀は予定のとおり○月○日、無事に執り行うことができました。

父へ生前お寄せくださいました御懇情に対しまして、あらためて御礼を申し上げます。

今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。右、取り急ぎお礼申し上げます。   敬具

例文2)

故○○儀永眠に際しましては、さっそく御懇篤なる御弔詞を賜り、且つ御丁重なる御香料までお送りいただき、まことにありがたく、心より厚く御礼申し上げます。

突然のこととて、一時は茫然自失いたしましたが、いまさら取り返しのつくものでもありません。このうえは、残された者が力を合わせて、家業に精励することが、亡父に対するせめてもの追善ではないかと考える次第であります。

店のほうも、○○日より平常通り開業いたしております。なにぶんにも、未熟者ばかりですので、亡父の生前同様、今後ともよろしく御指導のほどお願い申し上げます。

とりあえず、御礼かたがた御挨拶まで申し上げます。