法事・法要

法事・法要のお手配も、アスカにご相談ください。

法事・法要の概略

葬儀がすむと、「初七日」から「七七日忌(四十九日)」の忌明けまでに「追善法要」を行います。その後も「百か日」「一周忌」と続きますが、最近では四十九日(場合によっては三十五日)をもってひと区切りとされています。

祥月命日に行う仏事を「年忌法要」といい、1・3・7・13・17・23・27・33年と、3と7のついた年に実施しています。一般に「33回忌」で終わりますが、なかには「50回忌」まで勤めるところもあります。一周忌を満で、回忌は死亡した年を数えて計算します。

法事・法要の準備

「年忌法要」を行なうには、命日の一ヶ月前に日時、場所、時間を僧侶に相談して決定し、そのあと親族にその旨連絡をします。

当日は法要、食事、墓詣りをしますが、参列者の数が確認できましたら、引物の手配をします。

併修

祖父母や祖先の年忌が同じ年に重なった場合には、命日の早い方に合わせて、同時に法事を行うことができます。これを併修といい、案内状や引物にはその旨を明記し、故人の名前を列記します。

関連商品

法事中陰壇

houji_houyou「七七日忌法要」を迎えるまで、お位牌・御遺影・御遺骨等を御安置する後飾り壇(中陰壇)として、ご利用いただけます。従来のものと比較すると大変格調高く、お部屋の雰囲気を厳粛にし、故人様に最もふさわしい忌明け法要を営むことができます。

ご先祖様の新盆・一回忌~十三回忌など各種年忌法要にご利用いただけます。

49日 レンタル 15,000円(1日当たり300円)
販売(年忌祭壇として利用) 50,000円