「まるグル」で安房1000人鍋と写真展(4)

おーっ 快晴だー!!

6月10日日曜日 午前5時

宿舎の窓を恐る恐る開けてみると、早朝にも関わらず、眩く輝くお日様の光が、道路に残った水たまりに反射してキラキラと輝いています。

早速出発準備を整え、すぐさまQVCマリンフィールドへ!!

快晴のQVCマリンフィールド

どうです、このお天気!昨日の雨がウソの様です。

人の動きはお天気に左右されますね。

昨日とは比較にならないほどの人が、開演前から会場に詰めかけています。

相変わらずカニ臭い大鍋奉行の号令で準備開始です。

それにしても凄い人出です。

午前10時開演と同時に、安房1000人鍋は長蛇の列。他の出店者さんブースにも、今日は沢山の来場者が集まっています。

お隣のブースには、メチャメチャ陽気なトルコ人(?)スタッフが、ラテン系のノリで来場者に声を掛けまくっています。

昨日とは明らかに異なる活気に後押しされて、アスカ・なのはな隊合同チームもヤル気満々!

時間と共に気温もグングン上昇していますが、熱いカニ汁は大人気。

何と、開始3時間半で用意した1000人分の容器が無くなり、急きょ近くのホームセンターで器を買占めましたがそれでも足りず、紙コップまで集めて1400人の方々に安房1000人鍋を振る舞いました。

9日・10日の2日間でお配りしたカニ汁は2600杯!

2日連続でカニ汁の湯気にまみれる大鍋奉行
あちこちで「安房1000人鍋」に舌鼓

2日間の総来場者数は約3万人と主催者さんから発表されました。

写真展も約2000人以上の方々にご覧頂けて、本当に良かったです。

安房1000人鍋と写真展で集まったチャリティー募金59,041円は、全額イベント主催者を通じて被災地へ寄付させて頂きました。

アスカと安房なのはな隊、各々の代表が募金を寄付しました。
DJ KOUSAKUさんと

「まるグル」に参加させて頂き、改めて日本の素晴らしさを感じました。

震災直後に被災地で見た光景は、私達が住む同じ日本で起こった事とは思えないものでした。
津波で全てを失い、悲しみと絶望に支配された被災地。
しかし、全国から救援に集まった人同士が力を合わせ、汗にまみれながら被災者の方々と共に、明日への1歩を踏み出す努力をしています。
偶然にもこの時代に生まれた者同士。
その絆が地域や環境を超え、復興に向けて歩みを進め始めています。

その歩みを全身で感じる事が出来た2日間でした。